f195c7a4e59b06a1ef8900687271bd7b1
 
ff89307c31e996085f0d0b47e33e9ed2
Q 余った電気は売ることができるって本当ですか?
 はい、本当です。昼間に電気を発電し、家で使って余った分を電力会社に売ることが出来ます(売電)。逆に夜は発電することが出来ないので、電力会社から電気を買って使います(買電)。電気の売り買いは自動で行われるので、操作は必要ありません。売った分の電気代は契約者の指定した口座に振り込まれます。
※電気を売り買いするには、電力会社との契約(電力受給契約書)が別途必要です。当社にて代行してお手続き致します。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 曇りや雨の日は、電気が使えなくなりますか?
 いいえ、電気はいつでも使えます。曇ると太陽が出ている時よりも発電しません。そのような時は、夜に電力会社から電気を買うのと同じです。不足分を電力会社から買うことができますので、太陽光が発電していなくても電気を使うことは可能です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 太陽光発電で、家庭で使う電気を全部まかなえますか?
 4kWシステムの場合、75%程度まかなえる計算です。太陽光発電システム1kW辺りの年間発電量は約1,000kW(※1)。一世帯当たりの年間総消費電力量は5,315kW/年なので(※2)4kWシステムを設置すれば、75%程度をまかなえる計算です。
  ※1 太陽光発電システムを最適な位置に設置した場合です。地域、方位、傾斜角度により発電量は変わります。
  ※2 太陽光発電境界試算(表示ガイドライン)

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q どんな機器を設置するのでしょうか。屋根に載せても大丈夫ですか?
 パネル、パワーコンディショナ、接続箱などを設置します。屋根に架台を取付け、その上にパネルを設置します。パネルで発電した直流電力を交流電力に変換するパワーコンディショナを屋内または屋外の壁面に取付けます。屋根の状態により、設置不可の場合もありますので、設置前に一度、屋根を確認させて頂きます。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 設置費用はどれくらいかかりますか?
 設置条件、使用するメーカー、屋根の面積により変わりますので、家の図面、希望メーカー等の情報を頂ければお見積りすることが出来ます。ホームページの見積依頼からでも可能です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 設置に補助金はないの?
 地方自治体によって様々な支援制度があります。国の補助金制度は完了しました。山梨県各市町村の情報は、各市町村に問い合わせください。(または、リンクをご覧下さい。)

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 何年くらいで元が取れますか?
 一般に10〜20年くらいで元が取れると言われていますが、設置条件やライフスタイルなどによって異なります。償却期間を縮めるには、自己消費分の電力を減らして売電量を増やすことがポイントです。時間帯別電灯契約などに変更することで、電気料金を安くすることも可能です。(ライフスタイルによります)

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 機器の寿命はどれくらいですか?また、メンテナンスは必要ですか?
 太陽光パネルは20年以上、パワーコンディショナは10〜15年と言われています。表面が強化ガラスで保護されているパネルは、寿命が20年以上と言われています。太陽光システムには駆動部がないので、他のシステムに比べて長寿命でメンテナンスも簡単です。パネルの汚れも雨で自然に流れるので何年かに1度、点検を行うと安心です。
 なお、パワーコンディショナは10〜15年が寿命と言われているので設置後10年程度で一度点検し、必要に応じて部品交換や機器の取替えを行って下さい。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 停電時でも電気は使えますか?
 非常用のコンセントとしては使えます。停電時にはパワーコンディショナの運転は停止しますが、自立運転機能付きパワーコンディショナを設置していている場合、昼間で天気が良ければ、ある程度の電気を使用することができます。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q ごみやホコリによる発電への影響はありますか?
 パネルにごみやホコリ、砂ホコリなどが付くと発電量は数%ダウンします。但し、雨風で洗い流されるとほぼ元の能力に回復します。一般の住宅地区での塵や木の葉などの汚れは降雨で流されますので、掃除の必要は殆どありません。交通量の多い道路に隣接している場所などでは油性浮遊物が付着し、降雨だけでは流されない場合があります。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q ガラスの反射についてはどうですか?
 近隣住宅に反射光が差し込む場合がありますので、設置時に考慮する必要があります。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 各種自然災害に対する対策はありますか?
 次のような対策をとっています。
  パネルが直接落雷を受けたという事例は極めて稀です。一般の屋外設置の電気機器でごく稀に被害を受ける例もありますが、これらは直接の落雷ではなく、間接的な誘導電流が流れることによって受ける被害です。
一般住宅として屋外に設置されている他の電気機器同様、太陽電池だからといって落雷を受け易いという理由はありません。太陽光発電システムとしての落雷対策は、回路内に一定性能のサージアブソーバ(避雷素子)等を設置して誘導落雷対策を行い、被害を食い止める策をとっています。
  【耐震性4kWシステムの場合、太陽電池モジュールの設置面積は、約25〜40㎡で、重さは架台などの設置部材を含めて400〜550kg程です。殆どの場合、問題ありませんが、家によっては屋根の補強が必要であったり、設置できない場ありますので、各販売業者の営業窓口にてご相談下さい。
  【風、台風 屋根への太陽電池モジュールの取付け強度は、JISC8955に基づき、強風にも耐えるよう設計されています。
  【雪害各メーカーより積雪量に応じた太陽電池モジュール・架台と推奨傾斜角度が用意されており、また積雪量による地域制限が設けられている場合もあります。モジュールから雪が隣家に落下する場合がありますので、モジュールを設置する際には注意しなければならないこともあります。
  【モジュールのガラス面はJIS企画(1mの高さから227g直径38mmの鋼球を落下させて、これに耐えること)に適合した強化ガラスを使用しており、雹で割れることはまずありません。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q kWとkWhの違いは何ですか?
  kWは電力のことであり、kWhは電力量の単位です。1kWの電力を1時間使用した場合の電力量が1kWhです。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 設置できる屋根は南向きだけですか?
 いいえ、どの方位にも設置は可能です。但し、南向きを100%とした場合、向きによって下記の様に発電量が変わります。
  北  約62%
  東  約83%
  南東 約96%
  南  100%
  南西 約96%
  西  約83%

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 影の影響はありますか?
 影響はありますので、太陽電池に影が掛からないように工夫をすることが重要です。
・薄い影(山、ビル、樹木、電柱等の影)が太陽電池に掛かった場合、発電量が低下しますがゼロにはならず、周囲からの乱反射により影の部分でもある程度発電します。
・落ち葉など不透明な物体が太陽電池の表面に貼り付いた場合、その物体により遮られる光の量による発電量の低下以上に太陽電池の発電量は低下します。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q TVアンテナは問題無いですか?
 既設のアンテナ等が太陽電池の南側にある場合、発電量が低下する恐れがあるので、移設して下さい。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 太陽電池は1㎡あたり何W設置できますか?
 4kWシステムの場合、パネルの面積は約25〜40㎡です。但し、使用するパネルメーカーや、種類によって異なりますので、販売営業窓口にご相談下さい。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q パワーコンディショナの設置場所はどこが良いですか?
 屋外設置の場合、直射日光を避けて設置して下さい。屋内用の場合は、高温、多湿な場所を避けて設置して下さい。点検スペースサイズは、パワーコンディショナの施工マニュアル等に記載されています。
585fb2d978a2a9107409e96bdddc2439
Q どのような所に設置できるのでしょうか?
 公共施設からオフィスビル、工場など、様々な場所に設置できます。太陽光発電システムは、建物の屋根や屋上、壁面、遊休地など、太陽の光が当たる場所でしたら、基本的にどこでも設置可能です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 設置する際に、届け出の必要なものはありますか?
 出力規模によって、必要な手続きが異なります。太陽光発電は、発電システムなので、「電気事業法」によって規制されています。必要となる手続きは、電気工作物の種類および設備の出力規模によって異なります。例えば、低圧連系の50kW未満の場合や独立電源システムの50kW未満の場合であれば一般電気工作物に該当するので、届け出は不要です。
一方、高圧連系50kW以上2000kW未満の場合は自家用電気工作物となり経済産業局に保安規定を届け出る必要があります。さらに2000kW以上の場合には、工事計画の届け出や使用前安全管理審査も必要になります。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 太陽電池モジュールの反射は大丈夫ですか?
 ほとんど問題ありませんが、反射を更に抑えた防眩タイプもあります。太陽電池モジュールは特殊ガラスを使用しているので、窓ガラスほど反射しません。防眩タイプは、道路の中央分離帯や空港などで利用されています。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 設置費用はどれくらいですか?
 価格は設置条件によって異なりますので、詳しくは販売業者の営業窓口へお問い合わせ下さい。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q メンテナンスや点検はどうすればいいですか?
 太陽光発電システムは、電気設備としての点検が必要です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 設置にはどれくらいの面積が必要ですか?
 日射を遮るものがなく平坦な場所へ設置するケースで考えると下記の面積になります。(設置場所の条件により異なります。)
ビルの屋上、工場の屋根など
    10kWシステム 100㎡
    50kWシステム 500㎡
    100kWシステム 1000㎡
上記以上の大規模な遊休地などに地上設置で設置する場合は、周辺環境やメンテナンススペースの確保、その他の要因も含め上記面積の1.5〜2倍程度が目安となります。但し、条件によって異なるため単純計算できないケースもあります。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 産業用太陽光発電システムを設置する土地に制限はありますか?
 はい、「農地法適用」の土地には設置できませんので、それ以外の土地が必要です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 「全量買取制度」について教えて下さい。
 全量買取制度とは「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」のことで、2012年7月から施行された制度です。再生可能エネルギー(太陽光など)にて発電した電気を電力会社が一定期間、一定価格にて買い取ることを義務付けたものです。
9b112403239dfdf9b7b1e74b4df50eb91
Q 炎天下や氷点下での使用は性能に影響を与えますか?
 はい、蓄電池は温度に影響を受けます。温度が高いと性能は上がりますが、その分劣化も促進されますので高温状態で使用し続けると性能が下がります。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 電池の寿命はどれくらいですか?
 各メーカー、期待寿命としていろいろ記載していますが、使用方法によって様々です。商品別の寿命はお問い合わせ下さい。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 作動音はしますか?
 エアコンの室外機よりも静かです。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 操作は簡単ですか?
 設置後は操作する必要はありません。据置き型の蓄電池に関しては設置時に放電時間、充電時間の設定を行いますが、その後の操作は必要ありません。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 安全ですか?
 はい、安全です。PL方に基づき、国の認可を得た安全な商品です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q どのくらいの電気を使用できますか?
 電池容量や製品の性能によります。例えば、電池容量が1000wの電池で、テレビ、照明、冷蔵を使用して使用電力が500wだとすると、2時間使用することが可能です。上記の例で電池容量が5000wであれば10時間使用することが可能です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 太陽光発電からの充電は可能でしょうか?
 機種によって太陽光発電からの充電も可能です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 非常時に電気が使用できるって本当ですか?
 はい、本当です。蓄電池に充電されている電力を使用することが出来ます。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 光熱費が安くなると聞いたのですが?
 はい、機種によりますが、光熱費を削減することが可能です。電気代の安い深夜電気で蓄電池を充電し、電気代の高い時間帯の電気に充てることで光熱費を削減することが可能です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 照明器具は使用できますか?
 はい、機種によりますが可能です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q エアコンは使用できますか?
 はい、機種によりますが可能です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 鉛電池とリチウムイオン電池の違いは何ですか?
 鉛電池とリチウム電池の大きな違いは電力密度です。同じ容量の電力を蓄えている場合、リチウム電池であれば鉛電池の数倍の電気を使用することが可能です。
HEMS
Q HEMSとは、どのようなものですか?
 家庭のエネルギー消費機器と、太陽光発電システムや燃料電池などの創エネ機器、発電した電気などを備える蓄電池や電気自動車などの蓄エネ機器をネットワーク化し、居住者の快適性の向上やエネルギー使用量の削減を目的に、エネルギーを管理する「ホーム・エネルギー・マネジメント・システム」のことです。HEMSにより、PCやスマートフォン、タブレット端末等でエネルギー使用料を表示する「見える化」やエネルギー使用量の調整・制御が可能となります。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 補助対象機器となるHEMSは、どんなものがありますか?
 一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)に登録された指定機関の審査により、補助対象基準を満たしている証明書等が発行されている蓄電システムになります。
  下記HPで確認出来ます。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 太陽光発電システムとHEMSを住宅に設置した場合、補助の対象となりますか?
 補助対象となります。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 事業所や集合住宅に太陽光発電システムとHEMSを設置した場合、補助の対象となりますか?
 補助対象となりません。本事業は、戸建て住宅を対象としていることから、事業所や集合住宅は対象外です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 太陽光発電システムのみを設置した場合、補助の対象となりますか?
 補助対象となりません。太陽光発電システムのみでは申請できません。併せてHEMSを設置する、または設置されていることが必要です。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 10kW以上の太陽光発電システムとHEMSを設置した場合、補助の対象となりますか?
 補助の対象となりません。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q 既設の太陽光発電システムに新たにHEMSを設置した場合、補助の対象となりますか?
 補助対象となります。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q HEMSであれば何でも補助対象となりますか?
 一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)にて補助金対象と登録されているHEMSに限定されます。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Q ステム機器本体の購入費以外の工事費も対象ですか?
 エネファーム、ビークル・トゥ・ホームシステムについては工事費も対象となります。HEMS、蓄電池は本体の購入費用のみ対象となります。
 
46f918ccc28afe1da49700e6da175e8c
8cb988a2fb898f07c7c2c044e4723791
0e3c4417246d731a73ab4c602759ace0
6e5f9b22a5d985db8dc694eaee313ff2
 
b462c90a5148f1c82d82186afe60484b
4049b9db35eb68788ab9e55eeaf909833
9b112403239dfdf9b7b1e74b4df50eb9
e6ce4b703b3248fb6462aa8cee2a207d
d9add05ca68f8ef6436762fe489b63b3