a40e2372e2b8ee76f307b67a43ced614
 
a6e2cd528ac2fd86e6c7c26bf9efa46b
酸性電解水とは?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本で生まれた、手荒れが少なく、安全で人にも環境にも優しく、水道水感覚で使用できます。手指や内視鏡の洗浄消毒で厚生労働省の薬事認可を得ており(強酸化電解水生成装置)、また、次亜塩素酸水の名称で食品添加物に指定されています。(強酸性電解水と微酸性電解水)

■製法と物性
酸性電解水は、薄い食塩水や薄い塩酸水の電気分解によって作られます。強酸性電解水と微酸性電解水があります。両方とも主成分は次亜塩素です。

■抗菌・抗ノロウイルス活性
有効塩素濃度が他の塩素系消毒剤に比べて低いのですが、酸性のため活性の高い成分で構成されているためMRSAや緑膿菌などの薬剤耐性病原菌や食中毒菌に対して広範な除菌活性を示します。なお、抗ノロウイルス活性は、ノロウイルスが人工的に培養できないので代わりにネコカリシウイルスで実験した結果に基づいています。

■安全性
【人や動物】
酸性電解水は、頻繁に手洗いする人でもほとんど手荒れを生じません。また、酸性電解水は人の健康を損なう恐れがありません。動物試験では、以下のことが分かっています。
・急性経口毒性 ・皮膚刺激性 ・急性眼刺激性 ・皮膚感染性 ・口腔粘膜刺激性 ・細胞毒性
以上から、口や目の中に入っても安全性が高いと判断され、実際的にも問題は報告されていません。

【環境】
酸性電解水の主成分である次亜塩素酸は科学的に不安定で、環境に放出されると容易に分解し、また有機物と素早く反応するので、残留性が殆どありません。そのため、環境を破壊することはほとんどありません。ただし、強酸性電解水の場合、主に食塩が原因で金属が錆びる恐れが高いので注意が必要です。次亜塩素酸ナトリウムは、主成分が科学的に安定な次亜塩素酸イオンであるため、残留性があり、環境汚染の恐れが高くなります。

■認可状況
手指や内視鏡の洗浄消毒などの医療分野での用途が認可されています。(強酸性電解水生成装置)また、次亜塩素水という名称で食品添加物としても認可されています。(強酸性電解水と微酸性電解水)
46f918ccc28afe1da49700e6da175e8c
078073fb9730ce9161148016bfa4c10d
62c0b598f5252cb73ec8bc52545cc5e3
598488113ff0f99418c0b1c38a836894
b462c90a5148f1c82d82186afe60484b
791e540122e08dfd3582fc34741e6cd0
4049b9db35eb68788ab9e55eeaf909833
9b112403239dfdf9b7b1e74b4df50eb9
e6ce4b703b3248fb6462aa8cee2a207d